スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊び 2 犬同士の遊びの注意点とさせるべき意識付け、コマンド

そして社会化も大切
小さいうちから色々なタイプの
ワンちゃんと接して
遊び方や相手の出す
シグナルを上手く読み取れるコになる
(成犬でも大丈夫ですが
 飼主さんのサポートが必要です)

社会化不足のワンちゃんは上手に
遊べなかったり
攻撃や逃走をしてしまうことがありますし
シグナル(唸るなど)をせず
急に咬んでしまうこともあります
(シグナルの分かりにくい犬種というものありますが)

犬の施設などでは
気の会う子だけと遊ばせているところあるので
通わせたから大丈夫ということはありません
(もちろんそういう経験は大切ですよ!
 遊んでいないよりはるかに良い
 させるべき社会化項目のひとつです)

仲良く遊べるのは
とても良いことですが

気の合う仲間もいれば
合わないコもいるし
相手によって遊び方を
工夫しなければ仲良く遊べない

また
これ以上強くかんだり
しつこくしたりすると
怒られる!
といった経験も本当はすごく大切なのです

こういう経験から
自ら遊び相手を選択できたり
遊びの内容を変えたりする
犬の自主性ですね



日本の飼主さんは神経質になっていて
少しでもガウっとなると喧嘩だと
接触を避けてしまう方も多い


ただし
やらせたほうが良いなら
そっとしておこう
ではなく

これはプロと一緒に行うこと!

犬の出すシグナルが分からない(勘違い)の場合は
本当の喧嘩になりますので注意が必要です

気が合わない子
遊び方や性格が正反対のコ
とはやはり上手く遊べず
喧嘩になってしまったり
他のワンちゃんに対する攻撃性や恐怖心を
強化してしまうこともあります



この怒られる経験をしていなく
楽しい遊びばかりしているコは
遊ぶことにポジティブです

とてもフレンドリーなコに育ち
誰彼構わず遊ぼ!遊ぼ!も
危険要素を含んでいるのです

残念ながら
日本の犬の社会化はまだまだです
中には攻撃してしまうワンちゃんも
いるのも事実
そして動物ですので気が合わないコは
必ずいます


飼主さんの言葉で多い
「誰とでも遊べるフレンドリーなコになってほしい」
は危険な思考でもあります
もちろんそうなれればベストですが
それは
相手にもよりますし
飼主さんの犬の出すシグナルを見る目
制止できるコントロール力など
様々な勉強や努力も必要ですよ

何もせず社会化だけしていれば
そうなるとも限らないのです


犬の施設であれば
ドッグトレーナーが常駐し
遊びも監視しています
喧嘩などを未然に防ぐために

飼主さんが同じくらい
ワンちゃんの出すシグナルを
毎秒ごとに読み取る
でも
それはなかなか難しい…
(相当な勉強が必要です)

単純に色々なことに慣れさせれば良い
というわけでもないのが
犬の社会化で難しいところ
そのコのレベルや性格などに
あわせて色々なものに慣れさせる
これが重要なのです
奥が深い…


そこで
一番大切なのは
常に飼主さんを意識しているかどうか!


魅力的誘惑(遊びやオモチャなど)が
あっても
飼主さんのGO(良し)サインを
待ってから行く
飼主さんに確認をとりにくる
「遊んで良い?」
などのコミュニケーションが取れること

そして
遊んでいる最中も
異常な興奮状態にならないように
飼主さんがコントロールする


この意識付けのトレーニングを行い
常に頭の片隅に飼主さんの存在が居れば
呼び戻したり
それ以上はダメと制止できます

まずはノーリードでの接触の前には
必ず“呼び戻し”が完璧であること
そして飼主さんを意識できる
精神状態
であることです

あなたのワンちゃんは遊びに夢中で
飼主さんを無視
なんてことはありませんか?





Winculumペットシッター割引キャンペーン!9月末まで



↓訓練士・トレーナーランキングへ色々なブログが見られますよ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


ドッグトレーナー・訓練士 ブログランキングへ


気に入ったら記事をリンクしてね☆


Designed by Shibata







スポンサーサイト

Comments - 2

winculum(ウィンクルム)

misayanさんへ

こんにちわ
いいえ、お返事有難うございます

興奮抑制は対処と対策
予防と対応

興奮したから抑える
だけではダメですし

興奮をさせない予防
興奮が始まる前の対処
興奮してしまったときの対応、対処
興奮させないようにするTRと暮らし方の対策

抑制させるだけでも
ストレスはたまってしまうし
抑制させて抑えた分の発散はけ口も
作ってあげるのも大切だと思います
それがウチの場合TRなのですが

そして興奮度が増す前に
対処していくが大切です

訓練方法も色々ありますので
必ずマッチするやり方はあります
諦めずにがんばって下さいね!

ブログがヒントになっていれば
嬉しく思います!

是非またいらしてください

2012-08-17 (Fri) 13:43 | EDIT | REPLY |   

misayan

こんにちは!
ご丁寧なコメント、アドバイスありがとうございます。
返信せずにこちらで失礼いたします。

大変参考になります。問題行動、特に我が家の白黒ボーダーは
興奮抑制がコントロールできてません。
パピーからずっと課題だったのですが、どうも訓練が空回りしているようで
やめてしまいました。
喜びの表現も異常なぐらいです。もう4歳半なのに・・・。
同居犬との絡みもあり 今またいろいろ手探り中です。
一緒に生活していく以上、まだまだ努力しないとだめですね~。
これからも参考にさせていただきます!
よろしくお願いいたします♪


(アナログなもので 対応遅く失礼しましたi-229

2012-08-16 (Thu) 09:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。