スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠足保育(柴犬) 触られるのが苦手!だけど…

柴犬のエリーちゃん

人に触られるのが苦手です



「触らないでよ!」
という表現で咬みが出てしまうことも

お預かりの間は
トレーナーがグワシグワシ触ったり
抱っこをしたりと

触られる→イヤ→だから咬む→触るのをやめてもらえた
という学習を変えたり

咬んだら嫌なことから逃げられた
だから咬む!
以外の選択
(例えば
 諦めて触らせる
 咬むのではなく
 身を引く など)
の選択肢を与えます

柴犬くらいのサイズになると
咬むと痛かったり
怪我をしてしまったり
人間側が身を引いてしまうので
そうすると犬にとっては
「しめしめ
 また咬んでやったら
 嫌なことをされなかった!」
と咬む行動がどんどん強化しかねません


先ずは何故その行動が起きているのか
犬の深層心理などを見極め
トレーニングをしていきます

触られても嫌なことが起こらない

咬んでも仕方ない(意味がない)

だんだんと我慢できるようになる

人間との絆を正しく形成して
お互いを信頼できるようにする

触られるのは気持ちイイこと

気持ちを落ち着ける(興奮しない)

などの学習を行います

*危険な場合があるので
 必ずトレーナーと一緒に
 トレーニングししてくださいね


画像 383
触られるまではOK
抱っこの前に少し
暴れてしまいましたが
画像 384
抱っこされてしまえば大丈夫!

画像 381
画像 382
景色をみる余裕も

そして最後は
画像 385
この表情!

良い笑顔になりました 

まだ完璧ではないけれど
これからも頑張ろうね!



ポメラニアンの仔犬里親募集中!(生後まもなくの写真)
ポメラニアンの仔犬里親募集中!(生後1ヶ月の写真)
気になる方はこちら↑をクリック!


↓エリーちゃん良い笑顔だね!と思った方も、咬むこでもこうやって慣れるんだと思った方も
 クリック応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ペットの森 - ペットブログランキング

FC2Blog Ranking



気に入ったら記事をリンクしてね☆


Designed by Shibata




スポンサーサイト

Comments - 2

winculum(ウィンクルム)

エリ母さんへ

遠足保育のお引渡しのときに説明いたしますね

コメント有難うございます!

お返事遅くなり申し訳ないです

2012-10-14 (Sun) 09:58 | EDIT | REPLY |   

エリ母

そうなんです、実は抱っこは抱きかかえられる瞬間が怖いだけで、
人の腕に収まっている状態は割と好きなんです~。
楽して移動する事や、高い所から物を見る事などが基本的に好きなので…
だから一度抱っこしてしまって、そのまま他の人に渡す分には、
抱きかかえる時に変なところを触らない限り嫌がりません。

首輪をつけたり、庭から家の中に入れるのも、その瞬間に自由を
奪われるのが嫌なだけで、済んでしまえばケロッとしています。
この切り替えの早さが羨ましいような憎たらしいような…!
(引きずらないのは良いことですが…)

触られることについては、リラックスしているとき限定ではありますが、
だんだん最終手段の「噛みつく」から「唸る」、そしてその手前の
「後ずさりする」「よける」「顔をそむける」ぐらいまではできるようになってきました。
(もともと持っていた行動なのですが、成犬になってからはしなかった行動なので、
 飼い主の方が、そういうことをできる犬だったと忘れていました。
 緊張状態のまま他人他犬に引き合わせることを続けて、噛みつく・唸る行動を
 強化していたからだったんですね…。)

飼い主の方でエリーの緊張状態を見極めて、その時々のベストな過ごし方を
選ぶことができれば、特に問題なく過ごせそうです。
…といってもこれが一番難しい所なのですが…!

2012-10-06 (Sat) 20:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。