スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグランに潜む危険

ドッグランにて

先日このようなことがありました

有料公園内にあるドッグラン
そこに入るには
簡単な誓約書と説明を受けなければ
いけません

そこでのルール
①排泄物の持ち帰り
②二重扉の開閉は
 どちらかの扉が閉まっていることを
 必ず確認
③おやつの使用禁止
④ボールの使用許可、ただし硬球に限る(ディスクは禁止)

うん、①と②そして③については
納得です

ただし問題は④

やわらかいボールでは
犬の誤飲があるからとの理由で
硬球のみOK

…硬球だろうが
飲み込む犬は飲み込む!
ましてや硬球は人に当たったら危ないですよね!

そして
ランで遊んでいるときに
1匹のボーダーコリーが入ってきました

もちろん目的はボール遊びです

飼主さんは
興奮して背中全部に逆毛が立っている状態で
犬を離し

すぐにボール遊びを始める

そのボーダーコリー
なんと所有もち
(所有欲が強く
 持っている物などに近づくと
 攻撃してくる状態のこと)

もちろん周りにいた犬すべてに
攻撃を仕掛けます

ボールの進行方向にいる犬
新しく入ってきた犬に興味をもち
臭いをかぎに行った犬

ボーダーコリーがテリトリーと
決めた範囲にに入った犬を
攻撃体制で追い回す始末

*ボーダーコリーだから悪いわけじゃないんですよ
 たまたまその犬種だっただけなんです


きっとよく来るのでしょう
もう我が物顔で攻撃しまくりなんです

すぐさまこちらはリードを付けて
安全の確保

そして
こちらにボールを持ってきて投げろ!
と催促吠え


さぁ
この場合の問題はなんでしょう?


そう
まずはランがボールを公認していること

おやつ使用禁止の説明が
喧嘩が起きるから

ボールや居場所でも同じく喧嘩が
起きるのです

そして公認してしまっている以上
周りの飼い主は困っても
注意することすらできなくなります

おやつ禁止であればボールも禁止すべきでしょう


そしてこの犬の場合
興奮状態MAXで飼い主さんが
リードを離していること

興奮を抑制するどころか
良いぞ!もっとやれ!と
促す結果になってしまっている


興奮しているのであれば
扉の前で待ち興奮を落ち着かせる
入っても
リードをつけて
遊んでいる犬の邪魔にならないように
隅っこを一周したり
必ず興奮が収まってから
リードを離すこと!
(この時執拗に臭いをかがれることを嫌がる犬もいるので
 その場合は人が間に入り少し距離を取るなど
 喧嘩が起きないように配慮する
 リード付きでランに入る前に興奮を抑えておく)

そしてすでにランに入っている側も
「あ、ちょっと興奮気味のコが入ってるくな」
と思ったら、犬を呼び戻し
入っていた瞬間に犬が興奮した犬を囲まなうようにする





そして
飼主ではなく
他の人に物を投げろと催促

この時
飼主が呼び戻しても全く聞かない場合
(現にそのボーダーもそうだったのですが)

遊び方にフラストレーションを感じている
(飼い主と遊んでもつまらない
 もっと魅力的な相手を探している)

実際に訓練士やトレーナーが犬をなつかせるのが
早いのはこの遊び方や
誉め、注意のタイミングが良いなど
しっかりと犬と駆け引きしながら遊んでいるから


ただ単にボールを投げれば
犬の欲求が満たされるわけではないのです
↑ここを勘違いしている方も多い!



犬に人間がコントロールされている

「ほら!ボール持ってきたぜ
 投げろ!!!」
という行動を勘違いして
「あら可愛い!
 ボール持ってきたのね
 投げてあげる」
というように実は犬の言いなりになっている


実際にボールを取り
投げてみると
犬はいい子でした

ただボール遊びのルールを知らず
傍若無人になっている

コマンドは聞けるのに
出されていない
(報酬として出されるボールを望んでいる
 頭を使わない単調なボール投げでは満足していない)

辛抱(マテ)ができすに
吠えたり
咬みつこうとする
(しっかりとコマンドを出せば大丈夫)

これは

何もせずにひたすらボールを投げられている
(トレーニング不足)
犬の思うが儘に飼い主が報酬を与え
悪習を知らず知らず強化している


ほら!吠えちゃダメよ
ボールをあげるから

ボールが吠えることへのご褒美に

ほら!咬んじゃダメよ
ボールをあげるから

ボールが咬んだことへのご褒美に

ほら!他のワンちゃんに攻撃しちゃだめよ
ボールをあげるから

ボールが攻撃(追い払い)のご褒美に

といったように


このことが
その犬の凶暴性を増加かせている原因でした



そしてラン使用で言えること

ドッグランに攻撃性のある犬を連れてこない!

自分の犬の特性をよく理解してから連れてくる!

呼び戻しをできるようになってから連れてくる!

ランに常連もなにも関係ない!
もし他の人とシェアできないのなら貸切ランを使用する!

喧嘩になるような物は使用しない!
使用してもまわりを見ながら喧嘩が起きそうであれば
すぐに中断する!

自分の犬をしっかりと観察、
いけないことには即座に対応できるようにしておく!
「だめよー」ではなくしっかりと注意する!



犬の本気の喧嘩は人間では止めることができません!
止めることができても
必ず誰かが怪我をします!

一度でも酷く襲った襲われた犬は
喧嘩を繰り返すことがあります


ドッグランで遊ばせるためには
必ず肝に銘じてほしいこと

しつけの入っていない場合は
まだドッグランの使用は早い!

最低限
呼び戻しとマテ
これくらいはできないといけないと思うのです

何かあってからでは遅いのですよ




↓ドッグランって怖いと思った方も、ドッグランのマナー向上は大切ですよね!と思った方も
 クリック応援お願いします!みんなでマナ-向上に務めましょう

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ペットの森 - ペットブログランキング

FC2Blog Ranking



気に入ったら記事をリンクしてね☆


Designed by Shibata






↓この記事でランキング参加中!
なぜ?なに??ブログトーナメント - その他趣味ブログ村
なぜ?なに??ブログトーナメント
スポンサーサイト

この記事へのコメント

犬のしつけDVD評価男のあおさんへ - winculum(ウィンクルム) - 2012年11月26日 10:59:27

初めまして。
ご訪問&コメント有難うございます!

そうなんですよね
ノーリードである以上
しつけがものをいうというか
リード付きの散歩ですら危険は潜んでいるのに
それ以上の注意が必要なところだと
思います

犬を完全フリーにできるところ!
という認識は間違いでないのかな?
と思っております

喧嘩をさせて
「次は負けないぞ!」と
捨て台詞で去っていく飼い主や
ヒート中のメスを連れてくる飼い主など
トラブルも多々あるのが
今のドッグランの現状だなと思います

もちろん遊び方や
飼主のあり方も


無料でも有料でも
明確なルールというものを
もう少し作ってもいいのかな?
と思うのと同時に
飼主のしっかりとしたモラルも
必要な場所だと思います

客寄せであるのでしょうが
犬のプロの意見を取り入れて
作ることも必要だと思います

KAYOさんへ - winculum(ウィンクルム) - 2012年11月26日 10:52:27

ご本問&コメント有難うございます!

そうですね、困った犬というより
困った飼い主さんですね

おしっこ!人にかけるのはよくないですね
(私も公園でノーリードの犬が走ってきて
 おしっこして去って行ったことありますが
 近くには車道もある公園で
 飼い主さん、犬を捕獲できず
 ずっと追っかけてましたけど
 どうしてそのような状況で
 ノーリードにしてしまうのか
 見ていて怖かったです)

そうなんですよね
日本では他人のワンコを注意すると
角がたつ
っていうのも大きな問題ですよね

いけないことは
飼い主が注意するのは
当たりまえですが
他人でも注意できる海外と違って
放任主義みたいになってしまうので
迷惑をかけられたほうも
困ってしまうのが現実ですね

他人に注意されることにより
問題意識がしっかりと持てる
というメリットもあると思うのですが

KAYOさんの対処は正しいと思いますよ
反省がなくても
いけないことをしたら
遊びに参加できなくなった
と学習すれば
少しはその白いワンちゃんも学習してくれるかも
しれませんね


ボール遊びなどで
危険だなと感じたら
自分の犬をつないで避難!
これが無難です


- 犬のしつけDVD評価男 のあお - 2012年11月25日 17:46:20

初めまして。


ドッグランってもともと犬が何をするかわからない
ってところから出来ているんですよね。

それを知ってか知らないでか
残念ながらマナーが悪い飼い主様が多いと感じます。


ドッグランに入っていきなりリードを離す飼い主様、
犬が暴れ回っているのに話に夢中の飼い主様などなど。

ドッグランだからってやりたい放題していいってことは無いですもんね。

モラルとマナーを守って使用してほしいものですね。

有料ドッグランを管理している会社も
もう少し現場を見て色々と決めてほしいですね。

- KAYO - 2012年11月25日 12:03:36

あらら、こまったBコリーちゃんでしたねって言うより、困った飼い主さん…
私も昨日ランで。15キロくらいの白っぽいわんこに、左足におしっこをかけられてv-164攻撃性はないものの、飼い主の呼び戻しの聞かない子。
おしっこかけた後、飼い主はすみませんと言ったけど、しかるわけでも自由を奪うわけでもなく、そのまま。 白ワンコは反省なしです。 私は遊んでいた動作を止めて、背中を向けました。 正しい対処かどうか判らないけど。
ボールのトラブルはまだ経験なしですが、困った飼い主さんの連れたワンコで同じような場面に遭遇したら、同じように対処させていただきます。 参考になりました。

トラックバック

URL :

Winculumホームページ

↓画像をクリックでHPへ跳びます↓

Winculum web page
ウィンクルム HP
↓ランキング参加中↓
↓こちらもポチお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2Blog Ranking


ペットの森 - ペットブログランキング

いつも有難う!またいらしてくださいね☆

プロフィール

ワンちゃんとニャンコの家庭教師Winculum(うぃんくるむ)

Author:ワンちゃんとニャンコの家庭教師Winculum(うぃんくるむ)
出張トレーナと伴侶ワンコ・ニャンコ達のブログ。お仕事便りやつぶやきもあり!ワン&ニャンオーナーにはためになるお話も?!

動物取扱業登録
訓練:第55-0197
保管:第55-0196
取得日2012年6月18日
有効期限2017年6月18日

ワンちゃんの家庭教師
Winulum(ウィンクルム)
神奈川県 川崎市(宮前区・高津区・中原区・多摩区・麻生区)
     横浜市(都筑区・青葉区)
東京都 世田谷区・大田区(丸子橋付近)
出張範囲はご相談ください
(宮前区が拠点です)

お問い合わせは下部メールフォームからお願いいたします。
お電話でのお問い合わせも可能です。
080-4808-4115
業務中、運転中は電話およびメールに対応できないことがございますがご了承ください。
必ずご予約前にHP注意事項等をご確認ください。

*写真、文章の無断使用は禁止させていただきます

近隣の迷いペット捜索記事を掲載いたします。掲載希望な方はメールにてご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

営業時間10:00~21:00

名前:
メール:
件名:
本文:

業務中は返信が遅れることがございますがご了承ください

最新記事
検索フォーム

あの記事がもう一回読みたい!
という時はここで検索してね


キーワードだけでもOKです

Twitter...

ツイッターやってます フォローしてくださいヽ(^o^)丿

フェイスブックもイイネ よろしくお願いします!

カテゴリ
リンク

お世話になっている皆様へのリンクは↓↓↓

ペット

当ブログはリンクフリー!リンクをはったらご報告をいただけると嬉しいです☆ このブログをリンクに追加する

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

しつけは何歳からでもOK!

電力使用状況&電気予報

健康管理は大丈夫?

無駄遣いはダメだよ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お得情報☆
いつもありがとう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。