スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノミ・ダニ(虫の写真あり)

寄生虫の予防してますか?

気温が上昇すると
活発に動き出すものの中に
動物には厄介な
吸血寄生虫
ノミやダニなどが
あります
img_nomi.jpg




昨今話題のマダニも
この一種ですね


ウチは室内飼いだから大丈夫なの
という方もいるでしょうが

一度何かで寄生した
ノミ、ダニなどは
おうちの中の温かい環境で
繁殖などということも
あるんですよ!

夏についたノミやダニが
寒い外とは違いおうちの中で
冬場でも大繁殖などということも
あるので
室内飼、屋外飼に関係なく予防したほうが
良いでしょう


予防でも有名なのが
首元にたらす↓のようなもの

【最安値に挑戦中!】【医薬品 犬用】フロントラインプラス ドッグ S [10kg未満] 3本入 【メール便対応】 【あす楽対応】【HLS_DU】 【RCP】

価格:2,573円
(2013/3/6 09:59時点)
感想(1525件)



使用状況にもよりますが
1か月ほど予防ができます

さらには内服薬なども
ありますので
いきつけの獣医さんに相談されてみてください



ノミはちょこちょこと動き回るし
1ミリほどの黒い糞が出るので
何かついていると分かりやすいのですが


ダニが付いていることに気づかないケース
が非常多いのです!

IMG_4744.jpg
(*参考写真 ウチの犬ではないのでご安心を!)

血を吸ってパンパンになると
小豆のようになります

まだ吸血前であれば
平べったいものがくっついています
000000035.jpg



肉眼で発見できるものにも関わらず
なぜ気づかないかとうと
動かないので
イボやできものと勘違いする方が
多いんですね


もしこのようなものを発見したら

絶対に指で触ってはダメ!
絶対にひっぱってとってはダメ!
です

指でダニのおなか部分を触ると
吸血した血と一緒に
病原菌が体内に入り込んでしまうことがあります

引っ張って取ってしまうと
鉤針状のくちばしだけが
体内に残ってしまうことがあります
(これはかなり厄介です!)


写真で見えている部分は
主にダニのおなか部分です

よく見ると皮膚との接点に
小さな足がついています

顏や足の指の間に
ビッシリ
なんてこともあります

もし
イボやできものであったとしても
必要以上に触るのは良くないですし
急激に大きくなるのであれば
それこそ大変です

ダニの寄生を発見したら
自分では取らずに
獣医さんに取ってもらいましょう

ノミも同じです
爪でつぶした時に
卵が飛び散ってしまうことがあります

そうすると
ワンちゃんのノミを駆除したのに
おうちの中でまた大発生などという事態にも…


温かくなる季節
ついてからでは大変!

まずは適切な予防と
室内環境を!

バルサンダニα 40g(12-16畳用)×3個入[ライオン バルサン 殺虫剤 ダニ・ノミ用 ケンコーコム]【第2類医薬品】

価格:2,973円
(2013/3/6 10:45時点)
感想(0件)




*winculumでは寄生虫含め
 感染する病気をもつワンちゃんのトレーニングを
 お断りしております
 定期健診、定期予防でたのしいワンコライフを!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ペットの森 - ペットブログランキング

FC2Blog Ranking



気に入ったら記事をリンクしてね☆


Designed by Shibata






ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。