スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題行動と認識

今日は少し、ためになるお話を


ペットブームの昨今、
日本では5人に1人が犬を飼っているとう計算になるようです。

ここまで長いブーム、
これはもう"文化"の一部ともいえるかと


そこで思うこと。

犬が増えれば
犬関係のトラブルも増える!



ドッグトレーナーという仕事をしながら
自身でも犬を飼っているわけなのですが、

お散歩で出会うワンちゃんの
大半が
問題行動を抱えている


すれ違う犬や人に
ワンワン吠え立てる

牙をむく

リードを引っ張りっぱなし

チョロチョロ行きたい方向に行く


ところかまわず
排便をする



問題行動とは言っても
これは犬にとっては
普通な行動なわけですが

人間と共存するにあてって、
これはマズイ行動なわけです

だから、
問題行動とよびます。



この時
重要なのが飼主さんの対応なのですが

携帯に夢中で何も気にしていない

お友達と話していて気にしてない



と、自分の家のワンちゃんが
問題だと思っていない飼主さんが多いこと
に気づきます。


注意をしたとしても

「コラ、だめよ」

と軽い…


これは困ったもんだ



私は犬が好きです

しかし、
世の中には
犬が大嫌いな人もいます


咬まなければいい?

それは違います

小さな犬でも
大きな犬でも

居るだけでイヤな人も
居るのです

ましてや
吠えられれば

そういう人たちにとっては
大きなストレスとなります





そして
犬の問題行動は
些細なことから始まって

それがやがて大きな問題へと波及します




日本のしつけの現状は
もう飼主では手がつけられない
状態になってから

ようやく
プロ(トレーナーや訓練士)に
相談するというケースが
非常に多い

いわば末期状態


なんでもそうですが
最大限まで悪化したものは
もとにもどすのに
時間がかかったりするものです
(犬の場合は必ず当てはまるわけではないですが)



目にする多くの
ワンちゃんは

波及し始めの状態

この状態で
早期発見し

この段階で

プロに任せる


という
選択肢が日本にもそろそろ
普及し始めてもいいのではないか?


と思う、今日この頃なのです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking
ドッグトレーナー・訓練士 ブログランキングへ


気に入ったら記事をリンクしてね☆


Designed by Shibata


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。